第五回 上映作品リスト


第五回福島自主制作映像祭 作品リスト

2019年1月6日(日)開催予定

開場 10:00~

第一部


①映像表現の可能性を考える。

(上映時間10:30~)

「少年院映像表現コンクール入賞作品」

少年院映像表現コンクールとは

少年院で生活している少年たちが、少年院で学び、考えたことを映像作品として表現しました。適切な表現力は、非行をした少年たちにとって、立ち直るための大切な力となっています。

1)平成28年度 少年院映像表現コンクール
テーマは「私の嫌いなこと」でした。テーマに沿って、全国の少年院において、少年たちが3分間のショートムービーを作成しました。

入賞した10作品

1、優秀作品賞

関東医療少年院「×」東京都

2、優秀作品賞

浪速少年院「MY LIFE」大阪府

3、優秀作品

丸亀少女の家「こころ」香川県

4、努力賞

紫明女子学院「ひまわり」北海道

5、努力賞

茨城農芸学院「僕の嫌いなこと」茨城県

6、努力賞

多摩少年院「素直になれたら」東京都

7、努力賞

小田原少年院「変化」神奈川県

8、努力賞

瀬戸少年院「私の苦手なもの」愛知県

9、努力賞

松山学園「トマトの気持ち」愛媛県

10、努力賞

筑紫少女苑「人付き合いが苦手なあなたへ」福岡県

※コンクールの優秀作品は、平成28年11月26日(土)に北海道北見市で開催された第10回アジア国際子ども映画祭に出品され、浪速少年院が入賞を受賞しました。

 

2)平成29年度少年院映像表現コンクール
テーマは「学校の先生」です。入賞作品9作品を上映します。

入賞した9作品

11、優秀作品賞

愛好女子学園「待っててくれますか」東京都

12、優秀作品賞

宮川医療少年院「抜き打ちテスト」三重県

13、優秀作品賞

京都医療少年院「更新」京都府

14、努力賞

榛名女子学園「社会への扉」群馬県

15、努力賞

駿府学園「励み」静岡県

16、努力賞

浪速少年院「何度でも」大阪府

17、努力賞

岡山少年院「学校の先生」岡山県

18、努力賞

広島少年院「ありがとう先生」広島県

19、努力賞

福岡少年院「ツナガルオモイ」福岡県

※コンクールの優秀作品は、平成29年11月25日に北海道北見市で開催された第11回アジア国際子ども映画祭に出品され、京都医療少年院が法務大臣賞を受賞しました。


②佐藤広一監督『Wild Nights Next  放たれた八極拳』28分

(上映開始11:30~)

 


お昼休憩 (12:00~12:55)


第二部

③佐藤広一監督『商店ガイレンジャー』22分

福島自主制作映像祭実行委員会制作協力作品

(上映開始13:00~)

「第9回商店街映画祭(松本市)」入選作品

映像祭では初上映!制作協力約2年!脚本から出演、そして美術や音楽までも全てが商店街の人々が関わり制作したインディーズ映画の決定版!だよ。

佐藤広一監督

 


④堀祐太監督作品『樹氷侍』9分40秒

(上映開始13:25~)

山形のとある山中、冬のピクニックを楽しむ樹氷家族。そこに現れた妖狐、米と馬鹿にしたばかりに、樹氷家族の逆鱗に触れてしまう。妖狐VS樹氷の行方は、、、。

今回は初の福島上映ありがとうございます。自主制作映画が繋いだご縁。これを機にまた新しい事が始まるといいなと思います。

樹氷家族プロデューサー
齋藤 龍太


⑤Ark監督『IMC』16分34秒

(上映開始13:35~)

「第5回いばらきショートフィルム大賞」大賞受賞

「おもいがわ映画祭 ショートムービーコンペティション2018」準グランプリ

「那須ショートフィルムフェスティバル 那須アワード2018」審査員特別賞

魅力のない都道府県1位茨城県。県庁職員の広樹は悪評を払拭しようと幼馴染の汐里が勤めるCM会社にPRビデオ制作を相談。紛糾する会議の中、広樹の空想が大暴走、時空を超えたパラレルワールドが展開する。


⑥古本恭一監督『松本商店街物語』20分50秒

(上映開始:13:55~)

古本恭一監督作品『サクラサクラ』は「第3回商店街映画祭(松本市)」にてグランプリを獲得、その時公約した「松本市を舞台にした映画の制作」を実現し完成させたのが今回上映する『松本商店街物語』である。

松本市の和菓子店の娘、蛍子。
幼い頃の病から、視力を失っている彼女は
周りに取り巻く人達に支えられながら生きている。
ひねくれ者の蛍子にとって、この夏は「特別な夏」になるのであった…。


14:17~ 制作者によるトーク(参加者は未定)


⑦奥田悠介監督『鼓動する惑星』14分52秒

(上映開始14:30~)

突如現れた巨大生物に伴う核兵器(R3)の使用により荒廃した世界。数少ない人間達は巨大シェルターに移住していた・・・。


⑧遠藤直隆監督『人間蟲』(27分40秒)

(上映開始14:45~)

冴えない中年の独身男が、お気に入りの女子アナが出演する情報番組を観ていた。その時、偶然にも女子アナの足下に見たことも無い小動物のような、虫のような肉塊を発見する…。不思議に思った男は、取り憑かれたかのようにその肉塊を追い始める。やがて、男は、引き返すことの出来ない深みへとハマっていく… 果たして、肉塊の正体とは… 男の運命は…


⑨基村英行監督『木場城の呪い』4分

(上映開始15:15~)

戦国時代新潟市西区木場にあったといわれる木場城。木場城での戦で亡くなった人々への鎮魂歌を神話的に描いた作品。


15:20~ 休憩(10分)


⑩中川信雄監督『うちの人形が話し始めた』15分50秒

(上映開始15:30~)

独り暮らしのOLの前に突然、話をする人形が現れる。人形の目線から主人公の日常を描いたショートムービー。


⑪オープン座セサミー『おおみそか』15分15秒

(上映開始15:48~)

「Kisssh-Kissssssh映画祭2017」自主制作映画アニメ部門 グランプリ

「西東京市民映画祭2017」アニメ優秀作品賞

おおみそか。十二支の動物たちが、正月を迎える準備をしている。ネズミたちのモチつきに、米がなかなか集まらない。絵馬や龍が、人々の願いをかなえようにも、元手のお賽銭が足りない。四苦八苦しながら、年を越そうとするが、さて?


⑫MATSUMO監督『ぼくらの自由研究』5分45秒

(上映開始16:05~)

夏休み開けの自由研究の発表会。去年の発表で、 自作のロボットを爆発させてしまった津田沼くんは、今年のリベンジに燃えていた…。しかし?

監督からのコメント「お子さんから大人まで、童心に戻って楽しめるアニメーションを目指して制作しました。」


ー 観たら死ねる!ヒノセレクション -

(上映開始16:15~)

前説 仙台短編映画祭元代表 日野孝之氏

⑬飯塚貴士監督 『SAGAフォース season1 第1話〜6話』5分59秒

⑭飯塚貴士監督『イバラキ警備隊 FRONTIER DEFENCE FORCE 見た目が怖い!アンコウという魚』7分42秒

飯塚 貴士(Iitsuka Takashi)1985年 茨城生まれ


⑮下社敦郎『ヴォワイヤンの庭』15分

(上映開始16:40~)

下社監督自身が、お盆で帰省した際に実家で撮影した作品。監督からは、「そこで暮らす家族と自然が奏でる音に真摯に向かい合って制作しました。」とメッセージをいただきました。


小川貴之監督『つれない男』11分40秒

(上映開始16:58~)

第5回つくばショートムービーコンペティション つくっぺ(グランプリ)

Rochester International Film Festival 2018(Certificates of Merit)

Genre Celebration Festival 2018 Round 2 Awards(Best Drama Short)

その男は川へ行く。妻に内緒で釣りに行く。素人の釣り人をあざ笑い、ただひたすら釣るのだった……


北林佑基・松本佳樹監督『恋愛電話』38分

(上映開始17:10~)

大阪、門真国際映画祭2018年(審査員特別賞)(Adobe賞)

想いを伝えることが苦手な女子大学生、日向野結。間違い電話で繋がった青年、乾一成にナンパ男から助けられたことで、彼のことが気になりだす。彼への想いが強くなる中、謎の三人組が結の前に立ちはだかる。壁ドンあり、失恋あり、世界滅亡あり…!?誰も見たことのないハチャメチャラブストーリー。


17:50~ 表賞式・エンディング


協 賛